<   2004年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
がんばろ
a0016918_16265.jpg
○なんだか幸せ気分です。
自分の写真を「好き」って言ってくれる人がいるんすよ。
もうね、背中がこしょばいです。
照れてれです。
blogを始めて良かった(泣)
プレッシャーも感じるけど嬉しさ満開、花満開です。

○臨時収入があったので念願のマクロレンズを購入。
あのタムロンの90mm。
うれしー。
日曜夕方に購入したので30分ほどしか使ってないんですが、
思ってたより使い方が難しかった。
絞り開放だと被写界深度がむちゃ浅くてピントが合いません。
でも楽しいです。
近いうちにアップ出来たらいいなと思います。

○ボーナス出たら今度は広角が欲しいな。
12とか15とかのやつ。
某ナス出るんやろか…。

D70
「男は背中で語る」
伏見稲荷
[PR]
by cou205 | 2004-05-31 16:27 | 雑文
「ようこそ 翠仙荘」
a0016918_151047.jpg
03年5月17日。
たまたま出くわした不思議な光景でした。
その日、十三にいた僕はフラフラと街を見学してました。
ところがある一画に入ると街の空気が一変。
怪しげな格好をしてうろつく若者たち。
すごい勢いで走り回る子供たち。
歌い続けるストリートミュージシャン。
おじさんが配るビラを見てみると
「淀川 かくれんぼ大会」と書いてある。
なんじゃ、この街は…。

微妙な人の流れに乗っていくと
「ようこそ 翠仙荘」と書いたボロアパートの前で
いろんな人達が集まっていました。
塀に落書きをする子供、
スポーツ吹き矢を教えるおじさん、
煉り飴を配るお姉さん、
焼きそばやお好み焼き、ジュースを売るおじさん、おばさん。
そのボロアパートを取り壊すにあたり、
アパートを開放しみんなに披露しているということでした。
アパートの中は若手の芸術家たちに提供され、
色を塗り、壁を壊し、建物すべてが現代アートのようになってました。

「かくれんぼ大会」とこのアパートの公開が
たまたま重なっただけかもしれませんが、
その一画だけ空気が違ってたのは確かです。
googleで検索してもこのアパートのことが出てこなくて
その時の不思議な体験を上手く説明できません。
だけど、写真に撮ってるんだから夢じゃないよね。

その「ようこそ 翠仙荘」の記録です。
[PR]
by cou205 | 2004-05-29 15:11 | 写真
お気に入りの風景
a0016918_192532.jpg
雨上がりの太陽に
きらきらするアスファルト。
[PR]
by cou205 | 2004-05-28 19:26 | 写真
花の色は
a0016918_171048.jpg
「photograph」にサクラをアップしました。
「サクラサク」「夜桜」「サクラチル」の3つに分けてあります。
桜の季節からカメラに入れっぱなしのフィルムがあって、
それをやっと撮りきりました。
遅すぎですね、すみません。
カメラを3つ使ってるので、それぞれのクセが結構出てます。
明らかに毛色が違うのがT3で、
ちょっと他より浮いてます。
ロモみたいに別扱いにした方がいいかなと思いつつ
ま、いいやで混ぜちゃいました。

サクラって難しいです。
記憶にあるサクラは美しいのに、
写真にした途端に色気がなくなります。
今年も難しかったです。
多分、来年も難しかったって言ってるんだろなぁ。

円山公園の枝垂れ桜がどんどん力を無くしてるようです。
昔はもっと大きな存在に見えたのに…。
「花の色は移りにけりな…」って感じです。
綺麗なうちにもっと撮ってあげたい。

photograph
感想を頂ければ嬉しいです。
[PR]
by cou205 | 2004-05-28 17:11
LOMO LC-A
a0016918_14354.jpg
LOMO LC-A

生まれて初めて自分で買ったフィルムカメラ。
ネットで見た写真がすごく良くて
同じような写真が撮りたいと思った。
それがロモLC-Aでした。
友人と昼飯を食べながらロモの話をしてたら
近所のナニワに置いてあるって聞いてすぐ買いに行った。
もちろんフィルムの入れ方も知りませんでした。
シャッターを押すときはドキドキ、
フィルムを巻き戻すときは緊張、
DPEの受付でオドオド、
出来たプリントをみて落胆(笑)
最初のプリントは惨敗でした。
ネットで見てた写真とは雲泥の差。
誰でもロモグラフィーが撮れると思ってたし、
2万も払ったのに…ってすんごい落ち込みました。
いいフィルムを使えばいいんだと思って
高いフィルムを買ってきたらポジだったり(笑)
しばらくそんな調子で悪戦苦闘してたんだけど、
徐々にフィルム1本に数枚くらい
良いと思える写真が撮れるようになってました。
そうこうしてるうちにロモにも慣れて
肩の力が抜けてきたころ、僕の気持ちにも変化が。
「ピントだの構図だの露出だのどーでもいいや」
「ロモって考えて撮るカメラちゃうわー」って(笑)
ノーファインダー&片手撮りを覚えたのもこの頃です。
アバウトさを覚えてラクになりましたね。
いろんな意味で僕に写真を教えてくれたカメラです。

現在、壊れてて使えません。
自分で分解するか、修理に出すか思案中です。
ちなみに今のロモは3台目です。
前の2台は2ヶ月も持たずに壊れたので
カメラ屋さんが交換してくれました。
3台とも全然使い心地が違うねん(笑)
アバウトに作られてるんやろねぇ(笑)
[PR]
by cou205 | 2004-05-27 14:36 | カメラ
フォトマスター
資格時代ですね。
フォトマスター検定っていうのがあるそうです。
どうなんでしょう。
写真って、その人の好きなように撮っていいんではないかと。
そりゃまぁ、道具の個性を知ってる方がいろいろできるけども、
絵画のように好きな筆(カメラ・レンズ)と絵の具(フィルム)で描いてはダメですか?
「写真技術・知識の標準化が求められます」って言われてもなぁ。
標準化ってつまんなくないですか。
同じ被写体を撮るときに、みんな同じ構図で、同じ露出で撮ってたりしたら気持ち悪いよ。

やっぱね、写真は画一化されたもんにして欲しくないです。
みんな同じ写真なんておもしろくないよ。

だけど、基本的な知識は欲しいんだよねぇ。
写真の基礎を学べるならテキストを読んでみたい。
人と「同じ」はイヤだけど、知識は欲しい。
飢えてます(笑)。

最後に一つ。
広告・マスコミ関係者を対象にした資格のわりに
認定カードが格好悪いです。
拡大版
せめて欧文表記にしてよ…。
[PR]
by cou205 | 2004-05-21 16:58 | 写真
藤原新也の聖地
アート
15日、葵祭の後に写真展「藤原新也の聖地」を見ました。
有名な「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」とか、
「門司港の少年」とか見たかった写真がいっぱいです。
「好きな写真家は?」と聞かれたら「藤原新也」と答えるくせに、一冊も写真集を持ってなかったりするわけですが(笑)
いや〜、ずっと立ち読みしてたもんで…(汗)
以前、何必館で写真展があったときも行きたかったんですが、
都合がつかなかったんで、今回は気合い入れまくりで見に行きました。
カレンダーに2ヶ月前からチェック入れてましたもん。
やたら暗い会場と、写真に自分の影が落ちてしまう照明がちょっとイヤな感じですが、写真自体にはすごく満足です。
見て良かった。
感動した。
ゾワッと来る写真が何点かありました。
素直に「こんな写真が撮りたい」と思った。
なるほどと思わせる言葉も多数あった。

写真って奥が深いなぁ。
もっともっと撮ろう。

今回、写真集を数点購入しました。
これで胸を張って「藤原新也の写真が好きだ」って言えます(笑)

ちなみに6時以降なら半額になります。
5分前に会場についたら受付のお姉さんが教えてくれました。
いい人だ〜。
[PR]
by cou205 | 2004-05-19 17:15 | 写真
葵祭
a0016918_18115.jpg
土曜、一人で葵祭に行く。
「社頭の儀」を観覧するため、沿道ではなく下鴨の境内で行列の到着を待つ。
はっきり言っておもしろいものではなかった。
社頭の儀
糺ノ森で行列見てる方が楽しい。
来年は沿道に陣取ろう。
暴れウマも見れるかもしれんしね(笑)
こちら

「社頭の儀」の後、午後の行進まで時間があったので
関西では数少ない写真専門ギャラリー「DOT」へ。
DOT
控室の方から聞きなれた声が…。
去年お世話になった学校の先生がいてました。
コーヒーを頂きながら先生の愚痴混じりのありがたいお言葉を頂く。
先生…、先生の言ってることは正しいけど、他の方の意見も正しいように思えました。
双方が納得する着地点を見つけるのも大人です。頑張ってください。
そうこうしてるうちに3時を回る。
上賀茂到着予定が3時半なんで焦る。
急いで行列を追いかけてなんとか賀茂川沿いで追いつく。
いいねぇ、賀茂川。絵になる場所です。
結局、今回はここでしか葵祭らしい写真を撮れず。
上賀茂神社内では撮れる場所がありませんでした。
来年までに望遠レンズを買ったんねん。あー、悔しい。

帰り、神社の近くで怪しい中華屋さんを発見。
朝から何も食べてないので中華ソバでも食べようと
店に入って店員に声をかけても返事ナシ。
目の前まで行ってやっと注文するものの、
顔すらあげずに返事は一言、「はい」のみ。
ネタとして美味しいなと思うところが関西人。
味はむっちゃ普通でした。
まずくないとネタにならんやん(笑)

葵祭で雨がふらんのんって珍しいよね。
今年の経験を踏まえて来年の撮影ポイントを決めました。
来年、頑張ります(笑)
[PR]
by cou205 | 2004-05-17 18:12 | 写真
自己紹介
a0016918_164618.jpg
このblogはメインでやってるサイトから分離した、日記代わりみたいなものです。

では、ちょこっと自己紹介。
HN…こー
血液型…O型
誕生日…2月6日、既婚♂
住所…京都(姫路生まれ)
趣味…写真を撮ること
特技…地唄三味線が弾けます
音楽…cocco(最近はテンションが下がるので聞かないようにしてる)
仕事…DTP←実力ナシ
性格…ボーッとしてるように見られるけど、内面はかなり激しいです。そのギャップが人に言わすと「おもしろい」らしい。人を見た目で判断するのはやめましょー。

こんだけ自分のことをネットにさらすのは初めてかも。

京都の大学に入ってそのまま京都に住みついてしまいました。そろそろ京都に飽きてきたんですが、仕事の都合もあってズルズルと生息してます。
モノを創る仕事って楽しいんだけど、クライアントがいる以上、最後はクラのナスがママ、キュウリがパパ。そんなイライラが溜まってきた時に出会ったのが「写真」。自分の好きなように出来るのがこんなに面白いとは思わなかった。自分の為に撮るのも楽しいけど、撮った相手に喜んでもらえたときもすっごい嬉しい。自分が感動した写真に同じように感動してくれる人もいたりして、そりゃハマルよね。

上の写真はデジカメで何気なく撮ったもの。
だけど改めて見たときに幼かったときの自分を重ねて見ちゃって、なんとも言えない気持ちになった。血が逆流するっていうと言いすぎかな(笑)。そん時に写真ってスゴイなって思った。それからロモLC-Aを買い、もっと写真をコントロールしたくなって一眼レフを購入。ロモを買ったのが02年の9月くらいかな。それまで全く写真に興味は無いし、むしろ写真に撮られるのが大嫌いでした。
人間、変われば変わるよねぇ。
相変わらず撮られるのは苦手だけど、今では毎日カメラを鞄に入れて通勤してるもんな。
写真も少しずつ上手になってきてると思う。
頑張らないとね。

さ、楽しい週末を過ごすために、
サクッとと仕事をやっちゃおう。

興味を持ってくださったらメインサイトにどうぞ。
写真を置いてます。
r205.com
[PR]
by cou205 | 2004-05-11 16:47 | profile
苗字検索
ネットをウロウロしてたら苗字検索なるページを発見。

こちら

試してみると567位8619世帯でした。
今まで自分と同姓の人に出会ったことないんだよね。
もちろん親戚とか実家付近には同姓の人がいるんだけど
小学校から大学まで自分と同じ名前の人がクラスメートになったり
同じ学年にいたことはなかった。
結構珍しい名前だと思う。

だけど、人に珍しがられることがないのは
政治家とか、プロ野球選手に同じ名前の人がいるからかなぁ。
そういえば漫画のキャラにも使われてたな。

大学に入って先輩にフルネームを教えたときの一言。
「かっこい〜、芸能人みたい」
自分の名前をかっこいいと思ったことがなかったので
物凄く驚いた覚えがあります。
未だに恰好良いと思ったことないし(笑)
ちなみにその先輩の名前はとても平凡でした…。

僕が知ってる名前でスゲーと思った苗字
「水溜」  みずたまり  9262位  208世帯
「宝珠山」 ほうしゅやま 13230位 117世帯
「信氏」  のぶうじ   52579位 9世帯

9世帯って…。
天然記念物なみやん。
[PR]
by cou205 | 2004-05-11 10:03 | 雑文